人に伝わるように書けるようになりたい:)


by 22Dec2008

<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

知識人の役割の一つは、時代や世間の流れや世の中が知らないうちに陥ってしまっている流れに流されないで、物事の真実を見極め発信できることだと思っている。

例えば、戦争が始まり、誰もが戦争賛成という雰囲気になっていたとしても、人類の経験や歴史から、それでもやっぱり戦争はよくないんだと考えたら、たとえその影響が限られていたとしても、語り続けられることこそが知識人に課されている役割の一つであると思っている。象牙の塔に閉じこもっていることは確かによくないことは多いけれども、閉じこもることの正当性があるとすると、知らないうちにできてしまう時代の波に流されることのない、大事なことなにかを考え発信することだと思っている。

だとすると、新型インフルエンザが日本でも大流行している今、知識人にかされている役割は何なのだろうか。今ビザの申請のために日本に帰国しているのだが、新型インフルエンザが人から人へと感染したということで大騒ぎになっている。この場合の知識人とは、インフルエンザ関係に精通している自然科学系の知識人のことだけではない。ここまで人々の生活や心理に影響を与えているのだから、もはや自然科学者だけの領域ではないのは明らかだ。学融合などが叫ばれている今日、今のような事態を批評する知識人がもっといてもいいはずだし、もっと発信していくべきであろう。

インフルエンザ対策が騒がれれば騒がれるほど、見落とされてしまう大事なことが出てきているように思ってならない。けどやっぱりこういう点も大事ではないか、という知識人の発言を渇望するし、もし自分が知識人になれるのであれば、そういう人になりたいと思う。大騒ぎが起きればおきるほど、世の中を冷静に見つめられる立場にいる人たちの声に飢える自分がいる。

薬が飲めない立場にある今、正直インフルエンザは少し怖い。けど、もし仮にこれがオーストラリア人の科学者のエードリアン・ギブズ氏が発表したように人為的なミスから来ているものであるならば、新型インフルエンザが出てきたのは、人間が自然界に手を入れすぎた結果であるとも考えられなくはないかもしれない。もしそうであるならば、抗ウィルス剤を人数分作り配分するという短期的な対策だけでなく、人間と自然の関係というもう少し長期的な対策にも目を向ける必要がでてくるのだと思う。けど、この因果関係を証明するのはかなり大変だ。だからこそ、指導教官の先生が良く引用し、私も気に入っているアマルティア・センの言葉が身にしみる。即ち、「ぼんやりと正しいほうが、はっきりと間違っているよりマシだ」。根拠なく落ち着くのも、少しの根拠から大騒ぎするのも間違っているように思う。今必要なのはきっと、できる限りの対策はしつつ、けど、同時にこれをきっかけに本来考えるべき、長期的な社会のビジョンを喚起していけるような話題なのではないだろうか。そういう話題を私がまだ見つけられたないだけだと思うけど、大学の中に今いない中、なかなかそれらの話題が見えてこない。だから、今の世論の喚起の仕方はどこかバランスが悪いような気がしてならない。

世の中の流れにただただ流されることなく、冷静に見つめ見落とされがちな大事な視点を発信していける人になっていきたい。
[PR]
by 22Dec2008 | 2009-05-17 00:08 | 徒然草