人に伝わるように書けるようになりたい:)


by 22Dec2008
オークランドにローズガーデンという公園がある。
そこで撮影したのがこの薔薇。a0111486_357331.jpg

ひひっ。撮影はごまかしが大事らしい。写真に写されているものに偶然は殆どない!と。
アダルトスクールの仲間たちとの撮影会に活躍してくれた薔薇。生徒の一人の友達Bobから送られた薔薇とガーベラの花束よりちょっと咲いてもらった薔薇たちでした。

このローズガーデンにある柱は本当に綺麗な光が入る。
人物を撮影するには最高の場所。なぜか私は薔薇を一本渡され、柱にもたれかけるようにと。初めてのモデル体験。綺麗に撮影してもらえて嬉しいんだけど、顔がまんまる!食べないようにしていても太っていくアメリカ、こらー。
今回の発見は、影は写真には向かないと思っていたけど、影の中は一様ではないってことだった。影の中に人が立っていても、その人の立つ向きによって、その人の眼の中にちょうど光が反射し、少女漫画にある目のように、目がきらきら輝き、そして、どこかから反射してくる光に顔が柔らかく照らされ、更に、背景がぼけてくれるためなおさらやわらかくけど十分にその人の顔が照らされる。写真とは光を読むことだと聞いたことがあるけど、今回は影を読む感じがして新鮮だった。絶対に今までだったら避けていた場所が、こんなに微妙な反射する光の集合地だったとは。とっても写真が上手なクラスメートが愛用している"Photo Index Index" Jim Krause, 2005を貸してもらった。ただ説明があるのではなく、本当にJimの心のそこから伝えようとしてくれているものがあふれ出ている本。Jimが撮影した写真ごとに解説もつけてくれている。イメージでも頭でも理解できるようになっている素敵な本。ここまで共有してくれてありがとうと言いたくなる本。写真の楽しさを伝えたくて仕方ないのが良くわかる本。

a0111486_494539.jpg

役目を終えた薔薇の花束を持って帰る光栄に恵まれ、部屋は花の香りがいっぱい。ありがとう!
[PR]
# by 22dec2008 | 2009-02-03 04:05 | アダルトスクール
昨日夫から最高のプレゼントをしてもらった。
なんと、私用の勉強部屋。
私には申し訳ないくらい素敵な白の立派な机に、
かっこいい本棚まで。
窓から綺麗な山の空気が入ってくるし、
公園や芝生やそこで遊ぶ家族が見える。
毎日息を呑むような夕焼けの反射を眺めることができる。
本当に素敵なお部屋。
環境が整うだけで不思議と心も落ち着いてくる。
お部屋に吸い込まれていく。

a0111486_3113416.jpg


 この素敵な棚も机ももうすぐ引越しされるご家庭から安くでゆずって頂いたもの。もういらなくなったものを欲しい人に売り買いできる制度が整っているのが好きだ。今回は夫が口コミで見つけてくれたけど、Craigs list のガレージセールhttp://sfbay.craigslist.org/は愛用しています。住所を手がかりに知らない道も知ることができるし、知らないご家庭のお庭に入り、その人の人生を感じるかのような手造りのお店せを拝見することもできる。"It really really helps" って買うと感謝されたこともあるくらい。
 ちょっと手間はかかるだろうけど、物を大切にする心が根底にあるんだろうな。ちょっとめんどくさくても、私は結構好きだな。捨てるのはもったいない。

こんな素敵なお部屋、本当にありがとう。
大切に使わせていただきます。
[PR]
# by 22dec2008 | 2009-02-03 03:19
バークレーのすごいところは、問題があったらそれを解決するために行動している人が多いということかもしれない。Justice, Equality, Fairnessなど、アメリカ以外の国で耳にするとなんだか嘘っぽく聞こえることばもここではなんだか「お、そうか」という気にさせられるのりがある。この違いはなんなのか、まだ分からない。けど、あの広大なセントラルバレーを見てしまうとなんだか少し納得がいくような気もする。この話はまた後ほど。
a0111486_323917.jpg

central valley

新鮮な野菜を購入できる場所として今のところ
トレージャーズジョー
バークレーボール(1977年に、ボーリング場だった建物の一角から始まった。とにかく品揃えがすごい。新鮮でぷりぷりしている野菜や果物やナッツや魚も肉もチーズもオリーブも、新鮮な市場がスーパーマーケットになったような目がらんらんとする場所)
エルセリートプラザのファーマーズマーケット(http://www.elcerritoplaza.com/farmers_market.htm)で毎週火曜日と土曜日の朝9時から1時までやっている。

これから行って見たいところは、バークレーのファーマーズマーケット
土曜日 10時から3時  Center Street @ Martin L. King, Jr. Way
火曜日 2時から6時   Derby Street @ Martin L. King, Jr. Way
木曜日 3時から7時 Shattuck Avenue @ Rose Street (木曜日はすべてオーガニック)

バークレーのファーマーズマーケットは、1987年からやっているとのこと。1969年に設立された環境団体・エコロジーセンターが開設したプロジェクトで今も続いている。このエコロジーセンターは、行動を起こすことを重視したアメリカで最初の環境団体であるとウェブ上に書かれている。カリフォルニア地域で育てられた新鮮な野菜を届けること、地球に優しい農業を行っている小規模農家を応援すること、最近では、農業労働者として移民してきた人々をより安定した農業経営者へと転換することにも成功している。更に、アメリカのオーガニック規定ではOKとされているけど、もしかしたら環境にはあまりよくないかもしれない臭化メチル(oxic soil fumigant methyl bromide)の使用の禁止、規定改訂にむけての動きなども行っているようだ。

農薬をたくさんつかい、大規模に生産された野菜しか買えないバークレーではなく、それ以外の選択肢をも提供できるバークレーへ。さすがバークレー。このファーマーズマーケットを主催しているエコロジーセンターははじめは地域にある環境問題は何かについて地域の人たちと話し合うことからはじめ、1971年のサンフランシスコ湾での石油衝突事故の迅速な対応によって一躍有名になったそうだ。すごい行動力と持続力だ。まだウェブサイトでしか調べられていないから詳しくは分からないけど、ちょっと興味深い。これらの活動が、アメリカ国内での大規模生産や、東南アジアなどにも広げられている大規模生産の動きに対してどのような影響やインパクトを与えているのか、もしくは与えていないのか知りたいところだ。

タイでは、チェンマイでオーガニック野菜ばかりを集めて販売する場所を提供する市場があった。誇らしげにオーガニック農家であることを語ってくれて、「もっと話し聞きたかったらここに電話しな」と電話番号までくれたおばちゃんもいた。さて、その市場も20年後は、バークレーボールのように大きく展開しているのかなー。いや、タイではなんだかもっとすごくてあったかいことが起こりうるかも。

オーガニックだからいいって限らないと思うけど、やっぱりおいしいものに出会う確立は高くなる。けど、日本の有機野菜のあの味と比べたらもうちょっとかも!日本の水準、かなり高いんじゃないかと思う。オーガニックの詳細が分かるようにもなって行きたい。エコロジーセンターは市民への教育にも力を入れていて色々なコースを用意している。エコロジーセンターだけでなく、アルバニーのアダルトスクールにもオーガニック野菜のコースがあった。時間があったら、オーガニック野菜のコースに通って知識を深めてみたい。
[PR]
# by 22dec2008 | 2009-01-31 16:01 | メモ

パンプキンシード

バークレーボールで見つけたオーガニックかぼちゃ。
一個丸まる購入し、かぼちゃスープ、かぼちゃのお味噌汁、かぼちゃといんげんの酢味噌和えなどなど大好きなかぼちゃ料理のオンパレード。
a0111486_1429279.jpg

今回は種にも挑戦。
カリフォルニアの太陽の元に天日干し。
洗って外においているだけでカリッカリッに。
干しただけじゃなんだか物足りなくて少し塩を振ってフライパンで炒ってみた。
外の殻をむくのはちょっとめんどくさいけど、結構癖になりそう。
いつも「かぼちゃの種」と袋に入って売っていたあの緑の香ばしいナッツが出てくる。
こんなにおいしくて楽しめるものをいつも捨ててしまっていたことを反省しつつ、この太陽が続く限り、これからも続けようっと。

梅とか干したらおいしい梅干ができそう。
洗濯物を外に干したくなる衝動を抑え、これからも太陽の有効活用方法考えようっと。
[PR]
# by 22dec2008 | 2009-01-31 14:38 | 食べ物
a0111486_9491213.jpga0111486_9492579.jpg



授業が午前中だけだったからおにぎりはお留守番。
家に帰ってお昼を食べる予定が、あまりにもおなかが空いていたからRazan's Organic Kitchen (2119 Kitteredge St)に行くことに!

が、そのちょうど隣に、とてもおいしい中華料理屋さんが!
二人とも中華料理を久しく食していなかったため、急遽予定変更して中華料理へ。

そこでオーダーしたのがこのダンプリン!ハオチー!
手造りのプルプルの皮にしっかりと中身が詰まっていて、この特性たれがまたおいしい。
もしにんにくがオーガニックのものだったら言うことなし!
夫が注文したランチを半分もらう計画で私はダンプリンを注文。するとサービスでランチようのスープとお茶を私にも入れてくれた。

昼の光がとても綺麗に入ってくる窓際の素敵な席で、
お昼からおなかいっぱい幸せいっぱい。
[PR]
# by 22dec2008 | 2009-01-30 09:55 | レストラン